カローラルミオン
カローラルミオンTOPモデルチェンジ推移>2009年12月22日

カローラルミオン 値引き

 

カローラルミオン カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
カローラルミオン値引き交渉術
値引き交渉レポート
カローラルミオンのライバル車
カローラルミオン中古車相場
新車値引き交渉術
カローラルミオンの維持費を安く
カローラルミオンの燃費
カローラルミオンのパーツ
下取り車の相場を調べる
カローラルミオンの保険料相場
リンク集

 

 
トヨタ カローラルミオン モデルチェンジ推移2009年12月22日

 

トヨタニュースリリースより

 

------------------------

 

 

TOYOTA、カローラ ルミオンをマイナーチェンジ
―4WDも含めた全車、環境対応車 普及促進税制による減税措置に適合―

 


  TOYOTAは、カローラ ルミオンをマイナーチェンジし、全国のトヨタカローラ店を通じて、12月22日より発売した。

 

 今回のマイナーチェンジでは、全車、燃費性能の向上を図り、環境性能を高めるとともに、内外装はスポーティなイメージを強化し、カローラ ルミオンの個性をより強調したデザインとしている。

 具体的には、1.8L車に高い動力性能と優れた環境性能を両立した新世代エンジン動弁機構「バルブマチック」を新たに採用し、Super CVT-iと組み合わせることで、低燃費かつ爽快な走りを実現している。1.8L・2WD車で燃費を16.6km/L*1(従来型差+1.2km/L*1)、4WD車で15.0km/L*1(従来型差+0.6km/L*1)に向上し、2WD車は「平成22年度燃費基準*2+25%」を、4WD車は「平成22年度燃費基準*2+15%」を達成。


  1.5L車においては、アイドリング時のエンジン負荷を軽減することで燃費を16.6km/L*1(従来型差+0.4km/L*1)に向上し、「平成22年度燃費基準*2+25%」を達成している。
  これにより、すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*3」とあわせ、本年4月より施行されている「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税・自動車重量税が1.8L・2WD車と1.5L車で75%(従来型は50%)、1.8L・4WD車で50%減税される。

 

 外観はフロントのバンパーとグリル、リヤのガーニッシュとコンビネーションランプを変更するとともに、新意匠のアルミホイール(1.8L・2WD車にオプション設定)とホイールキャップを採用している。外板色には、新色クールソーダメタリック、ブラキッシュレッドマイカ、ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション設定)を含む、全7色を設定している。

 室内においては、スポーツタイプのシートを全車に採用し、ホールド感を向上させたほか、アームレスト付コンソールボックスを装備(1.8S、1.8S“AEROTOURER”、1.5G)し、利便性を高めている。さらに、高輝度シルバー塗装を施したインパネセンタークラスターや、ピアノブラック塗装のシフトパネル(1.8S“AEROTOURER”は黒木目調塗装)などを採用することで、より上質な室内空間を演出している。

 

 また、1.5Xに“AEROTOURER”を、1.8L・4WD車には「1.8X」を新設定し、より魅力的なラインアップとしている。

 月販目標台数は1,500台、店頭発表会は2010年1月16日(土)、17日(日)を予定している。

 あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良*4を施している。

*1 10・15モード走行、国土交通省審査値
*2 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*3 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*4 除くアームレスト付コンソールボックス

 

 

・価格(消費税込み)

1,690,000-2,329,000円

 

 

 

 
■ 広告

 

 

    221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム     

 

 


 

copyright ©2007-2013 トヨタ カローラルミオンを買う! All Rights Reserved